妊娠中にトリコモナス腟炎症になりました。 ※妊娠中に発見した膣内の異常

現在二人目の子を妊娠している二十六歳の女です。

結婚して五年になる夫は中小企業に務めていて毎日遅くまでサービス残業をしています。

私は一人目の子育てや家事などを、大きなお腹をさすりながら苦労している日々です。

妊娠は二回目なので初めての時よりもリラックスして病院に通っているのですが、大変な事になりました。

妊娠初期の頃は検査がたくさんありました。
子宮がん検査や血液検査、おりもの検査などです。

初期の頃は赤ちゃんの状態を見るためにも検診の度に膣に機械を入れられるので、色々大変な思いをします。

とはいっても出産する時が一番痛いのですが、私は初期の検査がとても苦手なのです。

そして検査結果が出た時の話になります。
一人目の子を妊娠した時は何も問題がなかったので、今回も問題無いだろうと思っていました。

…が、異常があったのです。
胎児は健康に育っていて何も問題なかったのですが、私の体に異常があったようです。
ひっかかったのは、おりもの検査でした。

話をきくとトリコモナスという虫が、私の膣の中に潜んでいたらしいのです。

おりものの様子が変だとか匂いが臭いとか、性器のかゆみなど何も感じた事は無かったはずなのに、検査でトリコモナスが見つかりました。

それを聞いて頭が真っ白になり、誰かと検査結果を間違えてるのでは?検査の仕方を間違えたのでは?など、半信半疑でした。

完全に私の膣からトリコモナスを除去しないと、出産する時に赤ちゃんに悪さをするようなので、治さなければいけないという話でした。

そのために二週間病院に通ってくださいと言われ、その度に膣に機械を突っ込まれるのかと思うと深い溜め息がでました。

つわりがあるし金銭的にもキツいな…と思いましたが、赤ちゃんのためには頑張って治さなければいけませんでした。

虫といっても顕微鏡で見なければ見れない程の小さな虫です。
そもそもなぜ私の膣にがそのような虫が潜んでいたのでしょうか。

四年前の一人目妊娠時はおりものに何も問題無かったので、一人目の子を産んでから現在の間に私の膣に虫が入り込んだ事になります。

性交時や公衆トイレ、家族とバスタオルの共有など原因は色々あるようなのですが、だいたい性交時に入り込む事が多いそうです。

だとしたら私は夫以外の人と性交をしていないので、虫の原因は夫にあるのかもしれません。

そう考えたら、夫はどこかで虫を連れてきたという事です。
毎日夜遅くまで残業しているのは嘘で、実は女がいたとか?こっそり風俗に行ったのか?

そのように疑い深くなり、原因が分からなくて頭がごちゃごちゃになりました。

現在、妊娠後期になりました。
中々トリコモナスという悪い虫が私の膣から消えてくれないので、治療に通う日々が続いています。

毎日、膣に機械を入れられるのは本当に大変です。心と体がしんどいです。
無事に出産できるように頑張ろうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ