30代の主婦ですが、私は女性しか愛せません。

現在30代で、専業主婦をしています。
私は女ですが、女性しか愛せません。

男性よりも女性の方が好きです。
自分が男性になりたい、というわけではないので、いつも女性の恰好をしています。

スカートも履くし、お化粧もきちんとします。
ただ、そういう性質というだけのことですので、病院で詳しく診察を受けたわけではありません。

診察を受けたからといって特に何が変わる、というわけでもありませんから。
学生の頃から女性の方が好きでした。

中学と高校は女子高だったのですが、クラスのみんなが共学がうらやましいと言っている気持ちがあまりよくわかりませんでした。

あと、電車待ちのときに告白されたり、彼氏とどこかに行ったという話を聞いてもとくになんとも思いません。
みんなはきゃあきゃあ言っていましたが。

自分はどこか冷静な気持ちでそれを見ていました。
男性が嫌い、というのとは違うと思います。

別に嫌ってもいませんし、普通に話したり遊んだりはできます。
ただ、愛情は湧きませんでした。

小学校のころからの男子の友達はいたけれど、男性に胸の高鳴りを感じたことはたぶんなかったと思います。

女の子が好きだと最初に実感したのは中学生のときで、
仲の良かった子が髪を切ってショートボブくらいの髪型になったのを見て、すごく可愛いと思いました。

友達を可愛い、と感じることはごく自然なことで別段悩むようなことでもないかもしれないです。
私の場合は、可愛いな、触れたいな、と強く感じてしまいました。

ぎゅっと抱きしめたい、とも思ったので、なんだか自分は人と違う、おかしいな、とその瞬間から感じるようになりました。

友達を心底好いていましたが、その想いは伝えませんでした。
嫌われることが怖かったからです。
拒絶されて友達でいられなくなるのが、とても嫌でした。

高校生のころには友人の多くはみんな彼氏を作っていましたが、私はそういったことに参加しないままに若い時期を過ごしました。

女の子と付き合いたいとは思うけれども、なかなか行動に移せなかったというのが実情です。
学生生活にピリオドを打ち、社会人になってもまだ女性のことが好きです。

特定の人を好きになりますが、いつも気持ちを伝えずにいます。
そのほうがいいような気がするからです。
両親や友人には言っていません。

旦那は、知っています。

旦那とはもともと同じ会社で働いており、告白されてなんとなく付き合いました。
友人としてうまくやっていけそうな気がしたからです。

付き合いだしてすぐの頃に、自分の性癖について話をしました。
女性が好きだから、男性との性交渉をあまり望まないことを伝えました。

あなたのことは人としては好きだけれど、恋愛感情がどうしても持てない、ということを言うと、
旦那は別段驚いたふうでもなく、黙って話を聞いていました。

それでも良い、と彼が言ったので、私たちは結婚してふたりで住んでいます。
友人であり、戦友のようでもあり、また彼を自分の親のように感じてしまうこともあります。

子供ができれば変わるのかもしれません。

でも、相変わらず男性との性交渉が好きではなく、私には好きな女性がいます。
江國香織さんの「きらきらひかる」にちょっとだけ似ています。

打開策はないままに、たぶんこの生活はずっと続くのではないかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ