失禁オナニー体質になってしまいました。 排尿に快感を覚えて・・・

25歳な女性です。

私の性の悩みは、
最近、排尿をすることに、快感を覚えてしまうことです。

トイレでする分には、特に快感を覚えないのですが、
言ってしまえば、下着を履いた状態で、オナニーしながら失禁する事に快感を覚えてしまうんです。

自分でも変な趣味だと思って、
気持ちが悪いとすら思うのに、
それよりも快感が勝り、
止められません。

もともと、性欲が異常にあるのも悩みなのに、
また一つ、悩みが増えてしまいました。

日常に支障を来たす程では、
無いのですが、
最近では、普通にセックスやオナニーをしたい時でも、
排尿のコントロールが、
できなくなってきています。

オナニーの際では、陰核に触れ続けていると、尿道口が熱くなり、
勝手に尿が溢れ出します。

主人とのセックスの際にも、
前戯の時に、性器を下着の上から優しく撫でられると、我慢できずに、
じわじわと失禁してしまいます。

主人は始めは驚いていましたが、
今は特になんとも思っていないようです。

ですが、布団にも濡らしてしまうことも多々ありますし、
何より大人なのに、失禁をしてしまう上、
それに感じてしまうというのが情けなくなります。

失禁に快感を覚えてしまった原因は、
脱ぐより先に性器に手が伸びて、
下着の上から、陰核を触って、
オナニーをしていて、尿意を催した時の事でした。

トイレに行きたいけれど、
もうすぐ絶頂に達しそうで、
オナニーを止められませんでした。

でも尿意を我慢している為、
もうすぐイケそうなのに、
なかなか絶頂に達することができませんでした。

その時はその尿意が不快で堪りませんでした。

それでもイキたくて、
陰核を触り続けていると、
驚くほどの快感と、開放感に飲み込まれました。

気がつくと私は失禁していました。

下着が温かく少しずつ湿っていく中、
陰核を触る手も止められず、
絶頂に達してしまいました。

我慢していた事もあり、
絶頂に達した後も、尿は下着からしばらく滲み出てきていました。

それが、失禁に快感を覚えるようになった、事の始まりです。

改善策として行っていることは、
こまめにトイレに行って、
膀胱を空にしておくことです。

でも、トイレにこまめに行っていると、
膀胱の容量が少し小さくなってしまったような気がします。

なのですぐに尿意を催してしまい、
また失禁をしたくなるという、
悪循環になってしまいました。

なので失禁したくなったら、
トイレに駆け込む事を心掛けています。

まだ失禁しながらオナニーをしてしまう事もありますが、
少し頻度は減った気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ